犬はメロンを食べてもいいの?量はどれくらいなら大丈夫?

メロンって甘くておいしいですよね?
そんな美味しいメロンをワンちゃんにも食べさせたい。
もしくは、メロンを切っていると、食べていると
犬が寄ってきて、おくれ~と言わんばかりに尻尾を振っている。
そんな状況にも出くわすかと思います。そこで、犬にもメロンを
食べさせてもいいのかどうか?気になったので徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク

犬にメロンを与えてもいいの?

量を上げすぎなければ基本的には問題ありません。

メロンには、水分がおよそ87%含まれており、
栄養はカロテンやビタミン類、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの
ミネラル、タンパク質や鉄分なども含まれていますので、

良い水分補給になりますし、カリウムの利尿作用による塩分の排出なども期待できます。
また、食物繊維の効果により便通がよくなりますし、カロテンには抗酸化作用があります。

栄養面を見ると犬にとっても健康に良いことがわかります。

メロン

食べさせすぎるとどうなるの?

食べさせすぎた場合、メロンはウリ科ですのでお腹を冷やす性質があることと、
水分が豊富なので水分の摂りすぎになり、便が緩くなったり下痢をする可能性があります。

カリウムが豊富に含まれていますので、時々なら問題ないでしょうが、
毎日多量に食べさせていたら高カリウム血症のリスクを高めるかもしれません。
一度に食べさせすぎるとカリウムの利尿作用によっておもらしをする犬もいるかと思います。

アレルギーには注意

稀にですがメロンにアレルギー反応を示す犬がいます。
その場合、目が充血したり、皮膚の腫れ、湿疹、じんましん、吐き気、嘔吐、下痢、
毛が抜ける、元気がなくなるなどの症状が出る場合があります。

初めて食べさせる場合は、極少量から与えてみて様子を見るようにしてください。

食べさせるときの注意点は?

メロンは消化に良い食べ物ですが、大き目のものは与えず犬が食べやすい大きさに切ってあげたり、
細かく刻んであげると消化しやすくなります。

種やわた、皮は与えないでください。種や皮は食べても消化されませんし、
皮は硬くて万が一食べてしまった場合、大きさにもよりますが胃腸を傷つける恐れがありますし、
消化されませんので、引っかかって出てこないなんて可能性もあります。

量はどれくらいがいいの?

個体によって変わってくるので、どれくらいの量与えたらいいのかは一概には言えませんが、
一般的に言われている量は、目安として小型犬の場合20g程度といわれています。

20gのメロンというとおおよそですが、人間でいう一口程度となります。

体重によって量は変わってきますので、超小型犬の場合は、10g程度でとどめておくと良いかと思います。

まとめ

メロンは基本的に食べても問題はありませんが、
食べさせすぎには注意が必要なことと、アレルギーがあるかないか様子を見るようにしましょう。
また、メロンの皮の誤飲にも注意してください。病院でとってもらわないといけなくなることもありますので。


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA