犬は梨を食べても大丈夫?量はどれくらいいいの?

犬って梨を食べれるんだろうか?
あげても大丈夫なんだろうか?食べ過ぎたらどうなるのか
量はどれくらいあげてもいいのかなど様々な疑問が出てきたので、
とことん調べてみました。

スポンサーリンク

犬に梨をあげてもいいの?

アレルギーなど犬に合っていないということでなければ、
基本的には問題ありません。ただし、あげすぎには注意!!

梨は、90%近くが水分でできていますので、水分補給になりますし、
カリウムの利尿作用によって塩分の排出を促してくれます。
また、食物繊維の作用によって便通を良くする働きもあります。

梨にはタンパク質を分解する酵素が含まれているため、
肉類と一緒に与えることによって、多少ではありますが消化を助けてくれます。

その他、ビタミン類や鉄分などの栄養も含まれているため
体に毒になるということはありません。

梨

与えすぎるとどうなるの?

梨のシャリシャリとした食感は石細胞と呼ばれる消化されない細胞から
できているのですが、食べ過ぎることによって不消化となり
便が緩くなったり下痢をすることがあります。また、嘔吐するワンちゃんもいます。

水分を多く含むこととカリウムが含まれていますので、食べ過ぎることで
おしっこの回数が増えるかと思います。また、固体によってはおもらしする可能性もあります。

アレルギーには注意

稀にですが梨にアレルギー反応を示す犬がいます。
その場合度合にもよりますが、目が充血したり、嘔吐、下痢、体をかゆがる、
湿疹、じんましん、元気がなくなるなどの症状が出る場合があります。

初めて食べさせるときは、極少量与えてみて変化がないか様子を見るようにしてください。

与えるときの注意点は?

梨は石細胞により消化しにくい果物です。与える際は少量に留めて、細かく刻んだり
すりおろして与える方が良いかと思います。

未成熟の梨にはアミグダリンと呼ばれる青酸配糖体が含まれており、
これが体内で分解されると青酸毒を発生し中毒を起こしてしまうことがありますので、
未成熟の梨を与えないようにしてください。スーパーなどで販売されている梨は
成熟しているため安心なのですが、ご自身で取られたような場合は注意が必要です。

また、種にもアミグダリンが含まれていますので与えないようにしてください。

梨の皮は消化しづらいため、皮は剥いてから与えるようにしましょう。

スポンサーリンク

どれくらいの量与えたらいいの?

固体によって消化が苦手な犬や、合う合わないなどがあり一概には言えませんが、
目安としては、一日の食事量の10%程度の量に留めておくと良いかと思います。
つまり、一日の食事量が100gだとしたら、梨は10g程度。200gとしたら梨は20g程度ということになります。

ご褒美やおやつとして与えたり、食事のトッピングとして与えたり
量さえ与えすぎなければ、好きに食べさせて良いかと思います。

まとめ

梨はアレルギーなど犬に合わないということがなければ、
与えても問題ないことがわかりました。

ただし、梨は消化しにくい果物なので与えすぎには注意することと、
少量であっても下痢したり吐いたりする犬はいますので、
お腹が弱い犬の場合は与えない方が無難かもしれません。
また、合わない場合は与えないようにしましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA