犬にキャベツはあげてもいいの?食べ過ぎるとどうなる?

キャベツが好きなわんちゃん。特に芯が好きでおやつ代わりに
与えるという家庭も多いようですが、犬にキャベツを与えても良いのでしょうか?
また、食べ過ぎたらどうなるのでしょうか?気になったので徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク

犬にキャベツは大丈夫?

犬にキャベツを与えても基本的には問題ありません。
キャベツには多くのビタミン類をはじめ、抗酸化作用は他の野菜と
比べても高いため抗がん作用が期待できるとも言われている野菜なのです。

ですが、毎日与えるというものでもないので、ほどほどに与えると良いかと思います。

キャベツ

食べ過ぎるとどうなるの?

そんな健康に良いキャベツですが与えすぎると少々問題が生じてきます。
キャベツには食物繊維が豊富に含まれており、人間には便秘解消となるのですが
犬は野菜の消化が苦手な生き物なので与えすぎることで逆に便秘になってしまうことがあります。また、消化不良となって下痢をするワンちゃんもいるようです。

また、食物繊維を摂りすぎることで胃酸過多になり易く、
ワンちゃんによっては嘔吐の原因になることもあります。
ドッグフードの食べ過ぎを抑えるためにカロリーの少ないキャベツを
多めにあげていたら、胃酸のみの嘔吐が始まったというような場合は、
食物繊維の摂りすぎになっているかもしれません。

また、野菜はカリウムが多い食材でもありますので、
生のまま与えすぎると高カリウム血症のリスクを高める可能性があるようです。

次に、こちらはあまり気にする必要はないかもしれませんが、
キャベツにはグルコシノレートという物質が含まれており、
これは辛み成分のもとなのですが、グルコシノレートには
プロゴイトリン、グルコブラッシンという物質があり
これらは甲状腺肥大甲状腺腫を引き起こす可能性があるといわれています。
最近では品種改良などでキャベツに含まれる量も減っているそうですが、
食べ過ぎにはこういったことも含めて注意が必要でしょう。

※上記のことは食べ過ぎたらのお話です。

どうやって食べさせたらいいの?

一番気になるところとしてはキャベツに含まれる食物繊維です。
ですので、ワンちゃんが便秘にならないためにも、嘔吐しないためにも
食物繊維をある程度分解しておく必要があります。
その方法として生で与えるのではなく、茹でたり蒸したりしたもの
そのまま与えるか、ご飯に混ぜてあげると良いでしょう。

生で与えても良いのですが、与えすぎには注意してくださいね。
量さえ与えすぎなければ芯をあげても問題ありません。

スポンサーリンク

欧米では犬にキャベツは禁止されている?

欧米で犬にキャベツは毒だからあげないという
話がありますが、これは地盤が関係しているようで
欧米の地盤にはミネラルが多いので、
腎臓などに負担をかけるためといわれています。
日本ではそのようなことはありませんので、
キャベツを与えても問題ないでしょう。

どれくらい与えてもいいの?

ワンちゃんの大きさによっても異なるので一概には言えませんが、
犬は雑食といえど肉食よりの動物で、野菜などの消化は苦手です。
ですので、与えたとしてもご褒美に少量与えるくらい。
それも毎日でなくても良いという量が良いかと思います。
栄養面よりもリスクの方が多いようですので。

ですので、ご飯のかさましにキャベツをドッグフードと同量与える
というのは、やめておいた方が良いでしょう。
※甲状腺に異常のある犬には与えないでください。

まとめ

キャベツは健康面にも優れていますが、その反面
犬にとって思わぬ病気を招く恐れが出てきます。
どれくらいの確率かは定かでありませんが、わずかながらでも
そのようなリスクが出る以上、与えすぎには十分に注意すべきです。

たまに少量与える程度にとどめておきましょう。
与えたとしても生でも少量なら問題ありませんが、
ワンちゃんの消化のためにできれば茹でたり蒸したりしたものを
与えるようにした方が良いかと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA