犬にコーヒーを与えて大丈夫?どれくらいで中毒がでるの?

犬にコーヒーを与えてはダメと言われていますが、
実際はどうなんでしょうか?どれくらいの量ならいいのか?
どれくらいの量だと中毒が出るのか?気になったので
徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク

犬にコーヒーを与えてもいいの?

コーヒーにはカフェインが含まれており、これを摂取しすぎると
人間の場合は、気分が悪くなったり、吐き気や嘔吐、下痢、
興奮状態など様々な症状が出る場合があります。
これは、犬の場合も同じで興奮作用や気分が悪くなったりと
同じような症状が出ることがあります。

人間の場合は、一度の多量に飲んだり1日に多量に飲まなければ
大丈夫なように犬の場合も少量であればたいていの場問題がないとされています。

つまり、犬にコーヒーを与えるのは少量であれば問題がない
ということになります。

ただし、犬の大きさや感受性の違いによって、
少量であっても、興奮状態になったり、吐き気を伴う犬は
いますので、少量飲ませて何か変化が出てしまうような場合は、
その犬にとって与えた量が多いのか、もともと合わないという可能性はあります。

コーヒー

カフェイン中毒になるとどうなるの?

コーヒーなどのカフェインの含まれるものを摂取すると
およそ1~2時間後あたりに落ち着きがなくなり興奮状態になったり、
尿失禁や頻繁におしっこをするという症状がみられることがあります。

また、先ほども書きましたが、嘔吐、下痢がみられたり、呼吸が荒くなる、
頻脈、高体温、ふらつきがみられることがあり、
症状がひどい場合ですと、けいれん、筋硬直、呼吸不全、こん睡、
最悪の場合死へとつながります。

どのくらいの量で中毒が起こるの?

個体差によって大きく異なるのですが、
一般的に言われている量は、体重1kgに対してカフェイン100~200mg
危険な状態になるといわれています。
興奮状態や気分が悪くなるなどの症状については、
人間の場合出る人によっては少量でも出るように犬の場合についても
同様のことが言えます。体重1kgに対しカフェイン20mg程度から出る場合もあります。
(個体差によってこの量以下でも症状が出ることはあります)

コーヒーにカフェインが含まれるといって
コーヒーの種類によって含有量が異なってきます。
では、どのコーヒーにどれくらいカフェインが含まれているのかみていきましょう。

  • インスタントコーヒー 45mg
  • エスプレッソコーヒー 280mg
  • ドリップコーヒー 90mg
  • 缶コーヒー 34~90mg程度

※コーヒー100mlあたりのカフェイン含有量

このようになっております。

ですので、一般的に危険な量といわれる量は、
体重5kgの犬の場合インスタントコーヒーの場合ですと、
220~440ml程度ということになります。
といっても、これはあくまでも目安ですので、それ以下でも
危険な状態になる犬はいるかと思いますので参考程度に。

スポンサーリンク

注意点は?

注意する点は、たくさん与えないこと。
初めて与える場合は、極少量与えてみて何か変化が起こらないか
確認しつつ与えていくこと。

たまに聞く話で、犬がコーヒーを誤飲したという話を聞きます。
個体によって感受性などが異なるので、一概には言えませんが、
コーヒー豆や粉などをがつがつ食べたとかいうことでなければ、
少々興奮したりするかもしれませんが、たいていは大丈夫な場合が多いようです。

ですが、インスタントコーヒーの粉やコーヒー豆を勝手に食べてしまった場合は
相当量食べていることが予想されますので、そういった場合は早急に
動物病院に相談するべきでしょう。

ただ単にコーヒーを勝手に飲んだということであれば、
過剰に興奮していたり、目がおかしくなっていたりといった症状が
現れたら動物病院に相談、受診すると良いかと思います。
それまでは様子を見ておいて構わないかと思いますが、
心配な場合は、飲んでしまったことに気づいたら動物病院に連絡すると確実かと思います。

缶コーヒーの場合ですと、
砂糖がふんだんに使用されていますので、
少量を毎日など飲ませている場合、虫歯などが心配になってきますので、
もし与えるのでしたら、砂糖の含まれていないものを与えたほうが良いかもしれません。

まとめ

調べてみた結果、コーヒーは絶対にダメっていうことではなく、
その犬にとって合わないということがなく
犬が好んでいるようなら少量程度なら特に問題はないようです。

ですが、興味本位で与えてみたいということであれば、
わざわざ飲ませる必要のない飲み物ですので、
与えないに越したことはないかと思います。

万が一コーヒーを多量に飲んでしまった、あるいは粉や豆などを
バクバク食べてしまった場合は、カフェインを相当量摂取した可能性がありますので、
動物病院にすぐに連絡してくださいね。


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA