犬もインフルエンザにかかるの?その症状は?

インフルエンザが流行りだすと
人の場合、学校なら学級閉鎖、病院はインフルエンザ患者で
いっぱい・・・なんてことになりますが、
犬もインフルエンザにかかるのでしょうか?
気になったので徹底的に調べてみました。

スポンサーリンク

犬もインフルエンザにかかる?

調べてみると、犬インフルエンザというものがあり、
犬に感染するインフルエンザというものがあるようです。
これは、人がかかるインフルエンザとは異なり、
人から犬へ、犬から人へうつることはないそうです。

ただし、馬インフルエンザが犬に感染したという情報もありますし、
人から猫にうつったという情報もありますので、
正確には今のところ人から犬、犬から人への感染はないといった方が
正しいのかもしれません。

感染源としては、人間と同じ咳やくしゃみなどの飛沫感染に加えて
犬はにおいをかぐことが多いため、唾液や排泄物などの接触による
接触感染によってもうつる可能性があります。

犬インフルエンザ

犬インフルエンザの症状は?

犬のインフルエンザの症状は人間と同様に、
咳や鼻水が出て、食欲がなくなり、高熱が出るといった症状があらわれます。
重症化すると肺炎を起こすこともありますが、死に至ることは少なく、
個体によってはインフルエンザウイルスに感染しても症状が出ない
ということはあるようです。

ただし、咳と鼻水が出ているから
インフルエンザウイルスに感染したというわけではなさそうです。

インフルエンザに似た病気がある?

人間のインフルエンザも流行ってるし愛犬もなんだか
咳や鼻水が多いからインフルエンザかな?と思って病院に行ってみると
診断結果は「ケンネルコフ」だった。ということがよくあります。

犬が咳やくしゃみ、鼻水などの症状が頻繁に出だしたら
インフルエンザウイルスに感染したのではなくケンネルコフかもしれません。

なお、ケンネルコフは犬パラインフルエンザや犬アデノウイルス2型と
呼ばれるウイルスが主な原因でほかにも様々なウイルスが原因となり感染するようです。

本来ケンネルコフは様々なウイルスによって感染する発咳を起こす伝染性の
呼吸器感染症の総称なので、
正確ではありませんが、その原因の一つにインフルエンザが含まれているので、
簡単に言えば、ケンネルコフとはインフルエンザあるいは犬の風邪なんだな
と思ってもよいかもしれません。

症状が出た場合は?

犬は人間と違いしょっちゅう咳をしたりくしゃみをしたりするものではありません。
もし愛犬がゲホゲホと咳をしだしたら、何らかの病気にかかっている可能性があります。
ただの風邪と思っていると、実はその咳がフィラリア症であったり、
心臓病であったり他の病気だったという可能性もありますので、
放っておかずに、動物病院で診てもらった方が良いでしょう。

その場合、ケンネルコフの場合ですと直接治療する薬というものは
ないようですが、症状を抑えるために抗生物質の投与や
ネブライザーと呼ばれる吸入器を用いて喉に直接噴霧するという方法、
あるいはインターフェロンが使われるという処置がとられるようです。

その後は、治るまでは運動などは避けて安静にすることが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

対策はどうしたらいいの?

インフルエンザもケンネルコフもいずれも飛沫感染や直接感染が原因となるので、
流行している時期は、ドッグパーク、ドッグランといった複数の犬が集まるようなところは
極力行かないようにすることが望ましいかと思います。

また、犬インフルエンザ(ケンネルコフ)には予防接種がありますので、
獣医に相談されると良いかと思います。

まとめ

犬にもインフルエンザはあり、犬同士での感染が起こります。
犬インフルエンザの別名といってよいかはわかりませんが、
同じような時期に流行するケンネルコフという病気も
飛沫感染や直接感染しますので、注意が必要でしょう。
特に子犬や老犬の場合は免疫力が低いため注意してください。

万が一愛犬に咳などの症状が出だしたら、その原因がわかりませんし
他の大きな病気だったという可能性も否定できませんので、
動物病院で診てもらうことをお勧めします。


スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA